大川家具は埼玉・栃木に7店舗の家具&インテリア専門店です大川家具は埼玉・栃木に7店舗の家具&インテリア専門店です

  • ブログブログ
  • オンラインショップオンラインショップ

リビングダイニングのおすすめレイアウトパターン



1.縦長リビングダイニングルーム

縦長リビングダイニングはマンションでもよくあるパターンで、家具のレイアウトもしやすい間取りです。

【おすすめレイアウトパターン】
キッチンカウンターにダイニングテーブルをつけると、部屋のスペースが広くとれ、ダイニングキッチンとリビングとのコミュニケーションが取りやすくなります。
ソファを壁側に配置することによって部屋が広く見え、部屋の奥までの通路も確保できます。また、テレビボードをソファの正面にレイアウトできテレビも見やすい配置です。

2.横長リビングダイニングルーム

横長リビングダイニングは、長い方の壁に沿って、大きな掃き出し窓がついて、部屋の奥行きが短いため、日光が部屋の奥まで届きやすく全体的に明るい間取りです。
窓の面積が広い分、収納スペースは少なめな傾向です。

【おすすめレイアウトパターン】
ソファを中央に配置して、ダイニングスペースとリビングスペースを分けたレイアウトです。
ソファに関しては、背もたれが高すぎずに圧迫感がないデザインだと部屋を広く見せる効果があります。
また、テレビボードは壁面収納にしてテレビを少し高めの位置に壁掛けすれば、収納スペースが確保でき、ダイニングからもテレビが見やすくなります。

3.正方形リビングダイニングルーム

正方形のリビングダイニングは広さが一般的にあっても、実際にダイニングテーブル、ソファを配置してみると、スペースが有効的に活用しづらく、配置に工夫が必要になります。少し難易度が高い間取りです。

【おすすめレイアウトパターン1】
ダイニングとソファが兼用できるLDセットを置いたレイアウトです。
正方形リビングの有効活用には最適です。
テレビの前に場所を取らないパーソナルチェアを置くとゆったりくつろいでテレビを見ることも可能です。

【おすすめレイアウトパターン2】
4人掛ダイニングテーブルをカウンターに沿って配置し、通路を確保したレイアウトです。
ダイニングテーブルにチェアを対面で配置していないので、ダイニングとリビングの間にスペースができ、ゆったりできる大きいサイズのソファが配置できます。
この場合、ダイニングテーブルは座った時に膝があたらない4本脚タイプがおすすめです。

【おすすめレイアウトパターン3】
ソファの前にリビングテーブルを置かずに通路を確保したレイアウトです。
この場合、ソファの横にコンパクトなサイドテーブルがあるとコーヒーカップや本を置けるので便利です。